家庭用脱毛器と脱毛サロン:それぞれの特徴は?

家庭用脱毛器と脱毛サロンはいろいろあります

無駄毛を処理する方法には、色々な種類があります。

今は自宅で自己処理する派と、脱毛サロンで脱毛する派に分かれているようです。

自宅で無駄毛を自己処理する派の場合、家庭用脱毛器を使っているという方も少なくありません。

以前、家庭用脱毛器といえばローラーで無駄毛を挟み、引き抜くというタイムが主流でした。

ですが、今はフラッシュ脱毛を搭載している商品も多く、
光脱毛が自宅で行えるようになっています。

光脱毛効果のある家庭用脱毛器の特徴としては、
自宅でサロン並みの脱毛が自分で行えるという点が挙げられます。

光の熱で毛根組織にダメージを与え、無駄毛を脱毛するのは脱毛サロンと同じです。

わざわざサロンに通わなくても、
光脱毛の効果を得られるという点は家庭用脱毛器の大きな魅力でしょう。

Vラインなど他人に見せるのが恥ずかしい部位も、脱毛器であれば安心して脱毛出来ます。

ただ、背中など自分で処理しにくい部位があるという点は、家庭用脱毛器のデメリットです。
また、脱毛サロンの光よりも出力が低いので、効果が出るまでに時間がかかる場合もあります。
脱毛サロンの大半は、光脱毛という脱毛法を採用しています。

光脱毛は毛根組織に光の熱を吸収させ、この熱で無駄毛を脱毛するのが特徴です。
光の出力が高いので、剛毛でもしっかり脱毛出来ます。

背中といった部位もスタッフが施術を行うので、キレイに処理できる点が魅力です。
脱毛サロンによっては施術後、肌のトリートメントを行う所があり脱毛だけでなく、美肌効果も期待出来ます。

脱毛サロンは何回くらい通えば満足?

脱毛サロンは何回くらい通えば満足?

ムダ毛を綺麗にすっきりと取り除いてくれる、脱毛サロンが人気です。

とはいえ、施術を受けたからといって直ちに希望する効果を求めるのは待つようにしましょう。

脱毛サロンに何回通えば満足できるかについては、12回前後が平均的です。

しかし、12回くらいでは再びムダ毛が生えてくる可能性が高いのが現状です。
できれば18回くらい通うと、満足できる結果になります。

12回や18回とは、指定部位の全体を施術したときに1回とカウントしてあらわしたものです。

そこで、注意すべき点は脱毛サロンの全身脱毛の料金プランです。

全身脱毛の中には全身を2パーツや4パーツに分割し、
1パーツごと来店して施術を行うものが存在します。

この方法だと、分割した全てのパーツを施術した段階で、
全身脱毛1回分とカウントします。つまり、通う回数と脱毛回数が同じではないということです。

2パーツの全身脱毛で2ヶ月で1回分が終わるプランだと、
12回分の全身脱毛の場合、少なくとも24回来店して施術を受けることになる計算です。

もし、18回!と数多く希望するなら、最低36回以上来店する必要が出てくることを
忘れないようにしてください。

※もちろん、サロンによります

脱毛サロンのサイトでプランを確認すると、頻繁に6回のプランが紹介されています。

しかし、6回ではムダ毛が生えてくる可能性が非常に高く、
ムダ毛のないすっきりした状態に仕上がることはまずありません。

回数が少ないと格安で利用できますが、意外な落とし穴ですので注意しましょう。

回数を気にせずに通える無制限のプランなら、満足できるまで脱毛サロンで施術を受けられます。

脱毛サロンのアフターケアは何をしてくれるの?

脱毛サロンのアフターケアはとても大切!

近年脱毛サロンでムダ毛脱毛をする方が増えてきています。自己処理の肌トラブルや手間を考えると、プロによる最新機器での脱毛は安全で確実という良さがあります。

脱毛サロンでは、まずカウンセリングで細かな説明や肌質のチェック、プランや金額の設定などの説明があります。この時に不安なことや質問はしっかりと話すことが大切です。

施術方法は光脱毛です。黒色に反応する光を照射して毛の毛根組織を破壊してムダ毛が自然に抜けて生えないようにするものです。痛みはほとんど感じることがありません。一度に広範囲の脱毛が可能です。

それぞれの毛周期に合わせて脱毛のスケジュールを立てて施術していくので、期間は多少かかります。

そして、脱毛サロンでは施術後のアフターケアもとても手厚いものです。

多くは、保湿効果の高い美容液やローションをまんべんなく塗るので、ムダ毛がなくなるだけでなくスベスベの潤いの肌になれる良さもあります。

各脱毛サロンによって、冷却成分の入っているもの、スリムアップ成分が入っているもの、プラセンタなどのアンチエイジング効果の成分が入っているものなど、肌をいたわりながら肌質アップ成分が含まれたものがそれぞれのサロンによって使用されます。光脱毛は肌を傷めることは少ないですが、
こういったアフターケアによって保護することで、脱毛後の負担の軽減やより肌を潤わせることができるのです。脱毛サロンでの脱毛は、自己処理のような肌トラブル回避にもつながるのです。

永久脱毛は脱毛クリニックだけ?!

永久脱毛は脱毛クリニックだけ?!

女性なら、体に生えるミダ毛は気になるものです。

特に、薄着になる夏が近づきますと、脱毛サロンや脱毛クリニックで施術してもらう人が多くなります。

脱毛サロンと脱毛クリニックの大きな違いは、施術する機器です。サロンは、照射力の弱い光を肌にあて、毛根に熱変化を起こし脱毛をしていきます。

脱毛効果の他に、色素沈着や毛穴の開きなどを改善する効果もあり、きれいなお肌を手に入れることも期待できます。

脱毛クリニックと比べ痛みが少なく、料金もや安くできますが、施術回数がかかり永久脱毛をすることはできません。

脱毛クリニックは医療レーザー脱毛になり、毛の黒色を感知して、皮下の毛の色、黒いメラニン色素に集中的に熱を与えて組織を破壊します。そのため、表皮やその周辺の細胞を傷つけることもなく、毛を生み出す毛球部の毛母細胞を破壊し、毛の再生ができなくなります。永久脱毛を望むのであれば、医療クリニックで施術してもらうことになります。

パワーが強いため痛みを伴うこともありますが、クリニックですから麻酔を打ってもらってから施術してもらうこともできます。もし、施術中にトラブルが起こっても、すぐに適切な処置をしてもらえる安心感もあります。

70度の高熱で毛母細胞を破壊するという行為は医療行為に当たり、厚生労働省に認可された機械でしかすることができません。

そのため、脱毛サロンやエステではできないため、永久脱毛は脱毛クリニックでしか行えないのです。

18歳未満の未成年者でも脱毛できる?

親の許可があればOK!?

脱毛は少し前まで未成年の弱く敏感な子供の肌にはよくないとされてきました。
しかし、現在では脱毛器具や脱毛技術の向上により18歳未満の未成年でも脱毛可能な
サロンが増えてきています。

18歳未満の未成年でも、月経が定期的に来ていてホルモンバランスが安定している
ことが条件になります。

これは、ホルモンバランスが不安定な時期は、せっかく脱毛してもまたすぐに毛が
生えてくることが多いという点からです。
そして、ほとんどの脱毛サロンでは当然、親権者の同意を得ていることが、
または、証明できる親権者の同意書などをサロン側に提出する必要があります。

親に相談すると反対されるからと、一人でこっそりと脱毛したい未成年はとても多いようです。
しかし、どのサロンでも親の同意なしでの契約はできませんので覚えておいてください。
同意書が必要な理由は、万が一トラブルが起きた時に未成年者だけでは適切な対応ができない
という考えからです。

法的にも社会的にも、自分ひとりではうまく対応することが難しいと考えられているからです。
同意書を親に内緒にして自分で書いてしまおうと考える未成年もいるようですが
これも絶対にやめましょう。

サロンでは、同意書をもらったとしても電話で親に確認することも多いので必ずバレてしまいます。
自分からトラブルを呼ぶような行為はしないように気をつけましょう。

親の了承があるのとないのとでは、守られている範囲も限度も違ってきます。

18歳未満の未成年が脱毛する際は、親の同意は必須条件ということを知っておいてください。