足脱毛のメリット・デメリット

これから、足脱毛を行っていこうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今すぐにでも始めていきたいというのであれば、事前にメリットとデメリットを知っておかれるといいかもしれません。

まずメリットとしては足脱毛をすることで、体毛を綺麗に無くすことができるというものや、次に生え変わるまで長期間綺麗な状態を維持できます。

また、清潔感を高めることができ、夏場などに蒸れにくいというメリットもあります。

そして次にデメリットですが、新しく足の毛が生えてくるときにかゆみを感じてしまうことがあります。

また、埋没してしまうこともありますので、できる限り脱毛はプロに任せていかれるといいでしょう。

自分の力で脱毛を行っていくと、肌を傷つけてしまうこともあります。またすぐに新しい毛が生えてくることもあります。

クリニックなどを利用して最新のレーザー脱毛などを利用していけば、次回から生えにくくすることもできますので、利用するメリットの方が大きいと言えます。

クリニックの利用にはお金が必要になりますし、コースによっては高額になる場合もあります。

ですが、その分魅力もたくさんありますので、検討していかれるのもいいのではないでしょうか。

メリットとデメリットを知っておくだけでも、今後の行動をどのようにしていくかを決めていくことができますので、
理解した上で、何から始めていけばいいのか考えていかれるといいかもしれません。

18歳未満の未成年者でも脱毛できる?

親の許可があればOK!?

脱毛は少し前まで未成年の弱く敏感な子供の肌にはよくないとされてきました。
しかし、現在では脱毛器具や脱毛技術の向上により18歳未満の未成年でも脱毛可能な
サロンが増えてきています。

18歳未満の未成年でも、月経が定期的に来ていてホルモンバランスが安定している
ことが条件になります。

これは、ホルモンバランスが不安定な時期は、せっかく脱毛してもまたすぐに毛が
生えてくることが多いという点からです。
そして、ほとんどの脱毛サロンでは当然、親権者の同意を得ていることが、
または、証明できる親権者の同意書などをサロン側に提出する必要があります。

親に相談すると反対されるからと、一人でこっそりと脱毛したい未成年はとても多いようです。
しかし、どのサロンでも親の同意なしでの契約はできませんので覚えておいてください。
同意書が必要な理由は、万が一トラブルが起きた時に未成年者だけでは適切な対応ができない
という考えからです。

法的にも社会的にも、自分ひとりではうまく対応することが難しいと考えられているからです。
同意書を親に内緒にして自分で書いてしまおうと考える未成年もいるようですが
これも絶対にやめましょう。

サロンでは、同意書をもらったとしても電話で親に確認することも多いので必ずバレてしまいます。
自分からトラブルを呼ぶような行為はしないように気をつけましょう。

親の了承があるのとないのとでは、守られている範囲も限度も違ってきます。

18歳未満の未成年が脱毛する際は、親の同意は必須条件ということを知っておいてください。